"★iPhone/スマホ他"の記事一覧

【朗報】お値段68万円の新型iPhone発売

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/12/11(金) 08:16:13.84

ジョブズ氏が着ていたタートルネックの生地が埋め込まれたiPhone12 Proが発売

奇抜で高価な特別仕様iPhoneの販売で知られるロシアのアクセサリメーカーCaviarが、スティーブ・ジョブズ氏が実際に着用していたタートルネックの生地をロゴ部分に埋め込んだ「iPhone12 Pro Jobs 4」コレクションを発表しました。価格は6,490ドル(約67万6,600円)からとなっています。

https://iphone-mania.jp/news-333855/

no title

no title

no title


【朗報】お値段68万円の新型iPhone発売の続きを読む

【悲報】iPhone12に複数の不具合発生していると多数のユーザーが訴え、Appleフォーラムが炎上中


★





1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/12/06(日) 17:52:28.27 ● BE:323057825-PLT(13000)

sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
AppleがリリースしたばかりのiPhone 12シリーズだが、すでに複数の不具合が発生していることが分かった。

・通信が途切れる? タワー切り替えの方法に関係か
 初めて5Gに対応したiPhone 12シリーズだが、5GとLTEの両方が途切れて通話ができなくなる現象が一部のユーザーから報告されていると『Slashgear』は伝えている
(参考:https://www.slashgear.com/lte-and-5g-issues-plague-some-iphone-12-devices-02649504/)。

 問題がどれほど広範囲なものかは正確にはつかめていないが、Appleフォーラムには500人以上のユーザーがこの問題について不満を訴えている。
特に運転中や移動中に5GとLTEの両方の接続が切断されるという。iPhone 12がタワーを切り替える方法に関連していると推測されている。

 アメリカの複数の携帯通信会社で発生しているため、iPhone12自体に問題があるようだとの見方を同メディアは示している。

 iPhone 12シリーズでは、コロナ禍の影響で「mmWave」という5G規格がアメリカ向けのものに限定となり、日本では速度がやや遅いもう一つの5G規格「Sub-6GHz」が採用されている。
したがって同じiPhone 12という名称でも日米では中身が多少異なる。しかし、この問題は日本でも発生が報告されている模様だ。

・スタンバイでバッテリーが急激に減少
 また、スタンバイ状態でバッテリーが過度に消耗するという症状も発生していると『9to5Mac』は報じている(参考:https://9to5mac.com/2020/12/02/iphone-12-battery-draining-unexpectedly-fast/)。

 Wi-Fi使用時や5Gオフ時でもスタンバイ時にiPhone 12のバッテリーがすぐに消耗するユーザーが増えているという。

 5Gに対応したことで電力消費は、以前より多くなる。しかし最新のApple A14 Bionicチップの性能・効率の向上により、バッテリー持続時間は正式発表ではiPhone 11シリーズ以上を維持している。

 スタンバイ状態で1時間あたり約4%バッテリーが減るという報告があり、1,000人以上のユーザーが同様に減少する問題を抱えていると主張している。

iPhone 12シリーズに複数の不具合発生、多数ユーザーが報告
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe679c5f122d691bcc9376b0520d6cea843244dc


【悲報】iPhone12に複数の不具合発生していると多数のユーザーが訴え、Appleフォーラムが炎上中の続きを読む

【悲報】『iPhone12』に”尿液晶”現象の報告が多発! 画面が知らないうちに黄ばんでいく

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/11/27(金) 09:15:22.09 ● BE:878898748-PLT(16000)

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
10月23日に発売あれた『iPhone12』『iPhone12Pro』そして11月13日に発売された『iPhone12mini』と『iPhone12ProMax』。
そんな『iPhone12』と『iPhone12Pro』に画面が黄色くなる尿液晶現象が確認されている。
この尿液晶とは画面に黄色みが掛かる現象で、携帯ゲーム機やスマートフォンなどで画面がおしっこのように黄ばむことから尿液晶と呼ばれる。

特に確認されているのは『iPhone12』と『iPhone12Pro』で多くの人が「画面が黄色い」「黄ばんで見える」と報告している。
特に白い画面にするとかなり気になるレベル。ただ全ての『iPhone12』や『iPhone12Pro』に尿液晶現象が発生するわけでなく、
一部の生産分のみこの現象が現れるという。

アップルはこれに対して『iPhone12』の画面が黄色く見えるならTrueToneをオフにしたりダークモードを付けているか確認したり、
色調を設定する方法を説明した。
これを試みたところ一部の人は黄ばみが消えるが、解決しない人もいたという。

■解決方法
尿液晶現象が発生しており修理でなく自力でなんとかしたいという方は下記の手順でカラーフィルタを触って欲しい。

※iOS14以降の場合
「設定」-「アクセシビリティ」-「画面表示とテキストサイズ」-「カラーフィルター」

この項目に行くと色鉛筆が出てくるので、各種フィルタや色合いを触って見やすい色に変更していこう。

尿液晶が起きる原因として色温度が異なることから赤みが増してこのように見える。色温度が低くなるほど赤くなり、高くなるほど青みが増す。

https://gogotsu.com/archives/60789
no title

no title

no title


【悲報】『iPhone12』に”尿液晶”現象の報告が多発! 画面が知らないうちに黄ばんでいくの続きを読む

【悲報】 ファーウェイのスマホが通話中に爆発、サラリーマン男性が生命危機 中国製を信じた結果

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/11/24(火) 09:26:32.34 ● BE:789862737-2BP(2000)

sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
COULD HAVE LOST OUR LIVES
私たちは命を失った可能性があります

He’s very lucky because the glass and all shattered out of it. The glass could have gone into his eye.
爆発でガラスが全て粉々吹き飛んだが、運良く目に入らなかった

The whole thing literally popped in his hand. The whole battery exploded, it expanded out.
バッテリーが爆発した

He dropped it because the flames were coming out onto his hand. He was outside at the time, but that was my point to Huawei — if that had happened while we were in bed, we could have lost our lives.”

手は爆炎に巻き込まれたが、彼は床にファーウェイのスマホを捨てた。爆発時、外に居たので助かりましたが、もし私たちがベッドの中にいる時にファーウェイの爆発が起こっていたら、私たちは命を失う可能性がありました

bought the Huawei P30 Lite handset for EUR229
使用していたのは229ユーロで購入したHuawei P30Lite でした。

画像
https://www.thesun.ie/wp-content/uploads/sites/3/2020/11/NINTCHDBPICT000620585817.jpg
no title

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/5/5576e_1400_c3da0adff5bd4ed93633d789c6e22e73.jpg

The IRISH Sun ソース英語 2020/11/17
https://www.thesun.ie/news/6158848/huawei-smartphone-exploding-flames-lucky-man/

Huawei製スマートフォンが通話中に爆発する事故が発生
2020年11月21日 3時36分
https://news.livedoor.com/article/detail/19256228/

Huawei P30 Liteは2019年に新発売されたスマートフォン
https://ascii.jp/elem/000/001/914/1914792/


【悲報】 ファーウェイのスマホが通話中に爆発、サラリーマン男性が生命危機 中国製を信じた結果の続きを読む

【悲報】 iPhone12、リンゴの皮剥きができてしまう  そう…アイフォンならね…

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/11/20(金) 18:45:53.94 ● BE:878898748-PLT(16000)

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
iPhone 12シリーズに関する情報は、Appleファンの注目を集めている。iPhone12と12Proは、
Appleが初めて販売する4つの新しいiPhoneバージョンのうちの2つであることが知られている。

滑らかだった今までの本体デザインとは異なり、新しいiPhone12シリーズはiPhone5と同様のフラットな角となっている。iPhone12フレームはアルミニウム製で、12Proはステンレス鋼製。
最近、オンラインコミュニティでは、iPhone12でリンゴの皮を剥くという写真で話題になっている。

しかし一部のネットユーザーの間では「そこまで鋭利じゃないだろ」、「フェイクに違いない」、「毎日持ってたら手が切れる」とフェイクを
主張する人が現れた。

この議論のあと投稿されたiPhone12のエッジでリンゴの皮を剥くことができるのか試した動画が公開された。
すると写真ほどではないが、一応剥くことは可能だった。

他の人もリンゴの皮を剥く動画を続々投稿し成功例を挙げている。何故iPhone12はこのような事態になっているのか? 
実はiPhone12はiPhone5の頃よりも更にエッジが鋭くなっている。

中国のSNSウェイボで持っていた手が赤くなったという証言もあるほどで、ケースに入れずに持ち続けるとそれなりに手に負担がかかるようだ。

ただ最初に投稿されたリンゴの皮を剥く写真が本当だったのかの真相は不明のままだ。
動画は下記より閲覧可能。

https://gogotsu.com/archives/60566
最初に投稿された写真
no title

実際に投稿された動画のクリップ
no title

iPhone12を持ち続けた人の手
no title









【悲報】 iPhone12、リンゴの皮剥きができてしまう  そう…アイフォンならね…の続きを読む

【え?】 中国「まだ折れるとか作ってんのスマホ? 今のスマホは伸びるんだが???」

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/11/17(火) 22:45:59.51 ● BE:472367308-PLT(16000)

sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
OPPO INNO DAY 20が11月17日にあったのですが、今回発表されたのは、OPPO X 2021(スマホ)、OPPO AR Glass(スマートグラス)、OPPO CybeReal(ARアプリ)の3つ。その中でこの記事ではOPPO X 2021についてお伝えします。

今回のOPPO X 2021の目玉機能はなんと言っても「伸びる」ディスプレイ。どういうこっちゃって方はとりあえず下の動画をご覧ください。

お分かりいただけましたか? OLED(有機EL)画面と電動スライドシステムがデバイス内に配置されていて、内臓のモーターでディスプレイが自動で6.7インチから7.4インチまで伸びるそう。映像をみた限り、かなり完成度高い印象でした。時代は巻物スマホ。

そして本体の厚みは6.8mm。デザインも素晴らしいしすっごい期待。明るさとコントラストの値は、ゲーム、ビデオ、画面上のその他のコンテンツに応じて自動で調整されるということです。

https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2020/11/17/innodayxgif-w1280.gif
no title

https://www.gizmodo.jp/2020/11/oppo-x-2021-announced.html









【え?】 中国「まだ折れるとか作ってんのスマホ? 今のスマホは伸びるんだが???」の続きを読む

ドコモがタフな仕様の5Gスマホ発表 ハンド・ソープで洗える

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/11/10(火) 08:34:26.62
実質3万円台からなら、そろそろ買い!?ドコモが5Gスマホ6機種を発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/86a88cd0ce0137572ece094e064e0585e636daf3?page=2
no title



▼arrows NX9

12月以降発売
価格:7万6032円(スマホおかえしプログラム適用時:5万688円)

約6.3インチの有機ELディスプレイを搭載し、画面の左右には3Dカーブを施し、ベゼルが細いことも特徴。繊細な印象を受けるデザインながら、防水・防塵・耐衝撃に対応し、ハンドソープで洗えて、アルコール消毒もOK! というタフな仕様。

プロセッサーはSnapdragon 765G(最大2.4GHz)で、メモリは8GBと、ハイスペックモデルに近い仕様なので、ゲームや動画を楽しみたい人にも最適。Dolby Atmos対応の内蔵スピーカーの音質にも迫力を感じました。

ドコモがタフな仕様の5Gスマホ発表 ハンド・ソープで洗えるの続きを読む

ソフトバンク「iPhone12Pr Max」と「iPhone12mini」の価格wwww なんと最大20万円wwww

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/11/04(水) 17:51:13.18
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1286978.html

iPhone 12 Pro Max
 「iPhone 12 Pro Max」の価格と48回分割時の月々価格は、
128GBモデルが15万1920円(3165円×48回、税込以下同)、
256GBモデルが16万6320円(3465円×48回)、
512GBモデルが19万4400円(4050円×48回)。

 24カ月後にソフトバンクに端末を返却する「トクするサポート+」適用時の総額は、128GBモデルが7万5960円、256GBモデルが8万3160円、512GBモデルが9万7200円。

iPhone 12 mini
 「iPhone 12 mini」の価格と48回分割時の月々価格は、
64GBモデルが9万6480円(2010円×48回)、
128GBモデルが10万2960円(2145円×48回)、
256GBモデルが11万6640円(2430円×48回)。

 「トクするサポート+」適用時の総額は、64GBモデルが4万8240円、128GBモデルが5万1480円、256GBモデルが5万8320円。

ソフトバンク「iPhone12Pr Max」と「iPhone12mini」の価格wwww なんと最大20万円wwwwの続きを読む

iPhone12さん、5Gのためだけに買ってはならない XS以前のユーザならありかも 指紋認証ないけどね

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/10/25(日) 18:48:42.79 ● BE:295723299-2BP(4000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
iPhone 12は“いい選択”だが、5Gのためだけに買ってはならない:製品レヴュー
10/25(日) 12:25
WIRED.jp

これを読んでいるあなたは、たぶんストレスで疲れ切っていることだろう。実際に周囲の人々の大半が、いまは疲れ切っている。新しい「iPhone」のことなど考えたくもないかもしれない。あるいは、新しいiPhoneを欲しかったり必要だったりして新機種について考えてはいるものの、どのiPhoneを買うか決めるために必要以上に時間をかけたくないと思っているかもしれない。

そんなわけで今回は、新たに発売された「iPhone 12」のレヴューをお届けしよう。やらねばならないことにすぐ戻れるように、このレヴューはできるだけ単刀直入にしたい。

誰もが仕事をしたり、くつろいだり、寝たり、食べたり、自宅学習をしたり、映画やドラマをストリーミングで観たり、散歩したり、オンライン会議に出席したり、リモートで人と交流したり、投票したりといった、やるべきことがたくさんある。でも、このレヴューを読む時間は、この一日で最もストレスの少ない時間の一部になるだろう。なにしろ、iPhoneの話なのだ。

もしあなたが去年の「iPhone 11」か「iPhone 11 Pro」をもっているなら、おそらくiPhone 12に機種変更する必要はない。もし、いま使っているiPhoneが数年前のモデルで、もっといいカメラを本当に欲しくて、しかも新しいスマートフォンに費やせるだけの可処分所得があるなら、iPhone 12はいい選択である。

ただし買い換えの理由が、次世代通信規格の5Gに対応したスマートフォンをもてば生活が一変するだろうと考えているという理由なら、iPhone 12にアップグレードすべきではない。
日本での価格は10万円前後

iPhone 12の価格は、米国では通信キャリアで購入すれば799ドル(日本ではキャリアにより異なる)で、SIMフリーのアップル版ならストレージ容量が64GBのモデルで829ドル(日本での価格は税別85,800円)となる。256GBのモデルなら、価格は979ドル(同10万1,800円)まで上がる。

このほかアップルは、2種類の「iPhone 12 Pro」も用意している。このふたつはサイズが異なり、iPhone 12よりカメラの性能が高く、さらに高価だ。フル装備の「iPhone 12 Pro Max」なら、その512GBモデルの価格は1,399ドル(日本では税別15万800円)にまで跳ね上がる。

今回のiPhone 12のレヴューに当たり、主に昨年発売の「iPhone 11」と比較した。iPhone 11は現在も継続販売されており、価格は599ドル(同64,800円)からに値下げされている。なお、手元にはグーグルの新モデル「Pixel 5」(699ドル、日本では税込み74,800円)もあるので、カメラの比較にはPixel 5を用いた。Pixelのカメラはスマートフォンとして最先端にあることが多いからだ。

みなさんのなかには、ディスプレイが5.4インチの「iPhone 12 mini」に興味を引かれている人も多いことだろう。残念ながらminiはまだしばらく出荷されず、アップルはレヴュー用の端末を現時点では用意していないので具体的なアドヴァイスはできない。だが、いま言えることは、小型のスマートフォンを欲しいと思っているなら、miniのレヴューが出てくるまで待ったほうがいいということだろう。

以下ソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2555fafa1f86424f945bb447638360ae2a0ba0b

iPhone12さん、5Gのためだけに買ってはならない XS以前のユーザならありかも 指紋認証ないけどねの続きを読む

【悲報】iPhone12シリーズ、エッジ部分がクッソ剥げやすいことが判明(画像あり)iPhone5から何も学ばす

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/10/26(月) 19:55:20.407 BE:126836511-PLT(15001)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon01.gif
iPhone12/12 Pro、エッジ部分が剥げやすい?~ストアの展示品で確認
https://iphone-mania.jp/news-324761/

10月16日に予約が始まり、23日に販売開始となったiPhone12/12 Proは、発売日よりApple Storeを始めとした世界各地のストアで陳列されています。しかし多くの消費者が手に取るぶん、塗装の剥げも目立っています。

エッジ部分を中心に剥げ目立つ

iPhone12シリーズは、シリーズ初の5G対応とあって、例年のiPhoneと比べて高い人気を博しています。スペックだけでなく、これまでとは異なるデザインのため、実際に手にとって質感を確認したいといった消費者も少なくはありません。

しかしストアによっては10月23日の発売からわずか数日で、早くも店頭に陳列されたiPhone12の塗装が剥げ始めているようです。画像では塗料が剥げ、アルミニウム層が露出しています。

剥げが目立つのは主にエッジ(四辺)の部分です。近年のiPhoneとは異なり、iPhone12シリーズはiPhone5のような角張ったデザインを採用しています。
しかし、一枚板のようなデザインにこだわるためか、iPhone5のようにエッジにダイヤモンドカットが施されておらず、鋭利さが目に付きます。そのため角張った部分が接触しやすく、塗装が剥げやすいのだと考えられます。

iPhone12のアルミニウム筐体と異なり、iPhone12 Proはステンレススチールを採用しているため、耐久性は相対的に高いと考えられますが、やはりエッジ部分を中心に細かな剥げが確認されます。また、金属ボディとあって目立ちやすい指紋の跡も気になるところです。

なおiPhoneの塗装剥げは、iPhone7のブラックやジェットブラックでも話題になりました。気になるユーザーはケースを装着するか、スティーブ・ジョブズの名言を心に刻んでおくことを推奨します。

「僕は、擦り傷のついたステンレスを美しいと思うけどね。僕たちだって似たようなもんだろう?僕は来年には五十歳だ。傷だらけのiPodと同じだよ」(スティーブン・レヴィ「iPodは何を変えたのか?」より)

no title

no title

【悲報】iPhone12シリーズ、エッジ部分がクッソ剥げやすいことが判明(画像あり)iPhone5から何も学ばすの続きを読む

【悲報】iPhone12が対応する5Gエリア、とんでもない事にwwww





1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/10/26(月) 12:10:16.96 BE:844628612-PLT(14990)
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
iPhone12が対応する5Gエリア、都心でも「点」の狭さ
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2010/23/news116.html

「iPhone(アイフォーン)12」は、アイフォーンとして高速大容量の5Gに初めて対応した機種で、5G普及の起爆剤として期待がかかる。
だが、5Gを体感できるエリアは極めて限られており、都心ですら“点”に過ぎない。

23日発売の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)12」は、アイフォーンとして高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに初めて対応した機種で、
5G普及の起爆剤として期待がかかる。だが、5Gを体感できるエリアは極めて限られており、都心ですら“点”に過ぎない。生活圏で広く使えるようになるには1年半程度かかりそうだ。

 「スマホの体験価値が一段違う世界になる」

 携帯大手3社の中で23日に唯一、オンラインで発売イベントを開催したKDDI(au)の東海林崇副社長はこう期待を述べた。

もっとも、消費者にとって今が買い時なのかというと、「肝心の5Gを使える場所が少なく不透明」(関係者)と指摘される。

携帯大手の5Gエリアの整備状況をみると、NTTドコモは全都道府県、KDDIは42、ソフトバンクは22の都道府県をエリア化している。
9月末に商用サービスを始めたばかりの楽天(6都道府県)を除き、エリア拡大が進んでいるようにもみえる。

【悲報】iPhone12が対応する5Gエリア、とんでもない事にwwwwの続きを読む

『iPhone12』と『iPhone12Pro』の落下実験 その驚くべき耐久力が明らかに

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2020/10/27(火) 09:17:45.38 ● BE:878898748-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
海外のユーチューバーが『iPhone12』、『iPhone12Pro』を落下させどの程度耐久力があるのか実権した。

『iPhone12』シリーズよりセラミックシールドが採用され強度が過去のiPhoneと比べて4倍も増したという。
なら実際に落下させて実験しようというものだ。

『iPhone12』、『iPhone12Pro』を1メートル、2メートル、5メートルの高さから落下したあとiPhoneの状態を確認。

『iPhone12』、『iPhone12Pro』を1メートル、2メートルの高さから何度か落下させたが割れることなく問題なく使えた。
ただ『iPhone12』側はディスプレイ側の小さな傷が入った程度だ。

5メートルの高さから落下したときは背面及びディスプレイが損傷したものの、iPhoneそのものは壊れることなく問題なく使用できた。
驚きなのがカメラレンズ部分は一切損傷することなく、問題無く動作していたこと。

これに加えて保護フィルムやケースに入れたら更に強固になりそうだ。

街中でiPhoneのディスプレイが割れた状態で使う人を稀に見かけるが、『iPhone12』ならそうそう割れることも無さそうだ。

https://gogotsu.com/archives/60011
no title

no title

no title

no title

『iPhone12』と『iPhone12Pro』の落下実験 その驚くべき耐久力が明らかにの続きを読む