石橋貴明さん、YouTuber転身で収入が全盛期の3倍になってることが判明

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2021/03/31(水) 11:53:23.32

3/31(水) 9:06配信
日刊ゲンダイDIGITAL

フトコロとココロの潤いは違うのね(C)日刊ゲンダイ

 YouTuberに転身したと思ったら瞬く間に100万人以上の登録者数を記録したとんねるずの石橋貴明(59)。

「現在130万人以上のチャンネル登録者数を抱えています。驚くのは収入ですよ。テレビのゴールデン&プライム帯で活躍している当時の3倍以上も稼いでいるというんです」(芸能関係者)

 誰もが想像もしていなかった結果に得意満面と思いきや、最近の石橋はすこぶる元気がないという。理由は地上波テレビで唯一のレギュラー冠番組だった「石橋、薪を焚べる」(フジテレビ系)が3月23日の放送を最後に打ち切られたから。その結果、石橋の活躍の場は公式YouTube番組「貴ちゃんねるず」のみとなってしまった。

「収入には困らないだろうが、なんだかんだ言っても石橋はテレビの申し子のような芸人です。『石橋、薪を焚べる』の終了に伴い“とんねるず”や石橋貴明の名前はテレビ番組編成表で見つけることはもはや不可能になってしまいました」(放送作家)

 YouTuberとしても成功を収めた石橋だが、やはり主戦場は地上派という気持ちが強く、いまだに28年間以上も続いたかつての冠番組「みなさんのおかげでした」(フジ系)の楽しかった思い出の日々を引きずっているという。

「『みなさんのおかげでした』は常に100以上のスタッフが動き、おぎやはぎやバナナマン、カンニング竹山らお気に入りの芸人に囲まれロケや収録自体がそのまま趣味になっていたんです。でもいまはスタッフは数人のみ。話し相手はディレクターのマッコイ斎藤だけですからね」(前出の放送作家)

「みなおか」は、視聴率低迷と制作費の高騰が原因で3年前に打ち切りになったが、フジが代替番組として用意した深夜の『石橋貴明のたいむとんねる』も2年持たずに終了。そんな石橋にとって心のよりどころが「石橋、薪を焚べる」だったのだ。

「深夜帯といいながらも石橋は自分の人脈を生かし、テレビには出ないようなその道の達人をキャスティングするなど制作にも協力を惜しまなかったんです。予算のない番組であることを理解していて、一時はノーギャラでもOKだと語っていたそうです。YouTuberとして大成功を収めましたが、本音はテレビ番組に出たい。基本、寂しがり屋ですからね。テレビ局はネットに押されているとはいえ、いまだに多くのスタッフであふれている。あの雰囲気が忘れられないようです」(制作関係者)

https://news.yahoo.co.jp/articles/50df1ddaea52ab10a3ca1301b0db1e3052097071


石橋貴明さん、YouTuber転身で収入が全盛期の3倍になってることが判明の続きを読む

【悲報】2010年代に起きた凶悪事件、結構ヤバい

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 21/02/01(月)21:36:16

1 中 寝屋川市中1男女〇害事件(2015)
2 ニ 佐世保女子高生〇害事件(2014)
3 左 京都アニメーション放火〇人事件(2019)
4 DH 相模原障害者施設〇傷事件(2016)
5 一 座間9遺体事件(2017)
6 捕 新潟小2女児〇害事件(2018)
7 三 尼崎事件(2012)
8 遊 王将社長射〇事件(2013)
9 右 茨城県堺町一家〇傷事件(2019)

先発:大口病院連続点滴中毒死事件(2016)
中継:千葉小3女児〇害事件(2017)
   柏市連続通り魔〇傷事件(2014)
抑え:石巻3人〇傷事件(2010)

監督:東池袋自動車暴走死傷事故(2019)


【悲報】2010年代に起きた凶悪事件、結構ヤバいの続きを読む

“昭和犯罪史上最悪”と呼ばれる「津山三十人殺し」の一部始終。『八つ墓村』のモデルにもなった、恐ろしくも悲しい連続殺…

1: 2ちゃんねるちほー⎛´・ω・`⎞ 2021/04/01(木) 07:43:32.80

今回紹介する、ゆっくりするところさんが投稿した『【ゆっくり解説】裏切り者は許さない・・・八つ墓のモデルとなった『津山事件』』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、昭和犯罪史上最悪とも呼ばれる「津山三十人〇し」を解説していきます。

https://nicovideo.cdn.nimg.jp/thumbnails/38377836/38377836.63593164.L

体の弱かった男が猟銃と日本刀で村人を襲うまで
魔理沙:
 これは岡山県津山市の集落で、1938年(昭和13年)に起きた大事件だ。一般的に「津山事件」と呼ばれているが、犯人の名前から「都井睦雄事件」とも呼ばれる。これは小説『八つ墓村』のモデルにもなった事件なんだ。

 この事件の犯人は、都井睦雄という男性だ。都井は1917年に岡山県苫田郡加茂村、大字倉見(現在の津山市)に生まれた。二歳で父、三歳で母を肺結核で亡くし、祖母に育てられることになる。

 そして都井は小学校を卒業する頃に、肋膜炎を患い、医者から農作業をすることを禁止された。そのせいで都井は無気力になっていき、無為な生活を送っていた。その後病状は快復に向かっていて、実用補修学校に入学したものの、学業を嫌うようになり、家に引きこもるようになってしまい、同年代の人間との関わりもなくなっていった。

 1937年、二十歳になると、都井は徴兵検査を受けた。しかし肺結核との診断を受け、事実上の徴兵検査強不合格を突き付けられた。都井の徴兵検査の話はすぐに村中に広まり、それまで都井と関係を持っていた女性たちも、掌を返したように都井の陰口を言うようになった。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/b/5bdb4_1106_1290392d38ffe1ad5ddd0a6bf1fa18bd.jpg

 当時、この村では夜這いの風習があったとされていて、都井も普通の女性と関係を持っていたらしい。徴兵に受かるというのは、ある種ステータスでもあって、強い男の象徴ともされていた風潮があった。その徴兵に不合格になっただけではなく、病気のせいで農作業もまともにできず、弱々しく生きるしかなかった都井問いに対して、集落の人は白い目を向け、かかわらないように距離をとっていった。

霊夢:
 村八分みたいにされてる。

魔理沙:
 都井には姉がいた。その姉だけは唯一の理解者だったが、結婚して家を出てしまっていた。結核による差別、徴兵不合格への嘲笑、関係のあった女性たちの裏切りによって、都井のプライドはズタズタに引き裂かれた。心のよりどころだった姉も近くにいなかったため、都井は人生に絶望した。

 その後、都井は狩猟免許を取得して、散弾銃を購入し、毎日家にこもっては射撃練習をする日々を送っていた。この頃から都井は自分をバカにした人間に復讐するために、犯行を準備していた。それにこの頃から都井は、姉と数名の人間に宛てた長文の遺言を書き残していたという。

霊夢:
 犯行が終わったら自害するつもりだったのかしら。

魔理沙:
 最初からそのつもりだったようだ。加茂町駐在所まで自転車での距離を測り、万が一逃してしまった標的が救援を求めるまでの時間を把握しておくなど、犯行に向けて周到な準備を進めていた。

 そして1938年、5月20日、17時ごろ計画が開始された。まず都井は電柱によじ登って送電線を切断し、集落のみを停電させた。この時の停電では村の人間は特に不思議に思わなかったそうだ。日が変わった21日1時40分ころ、都井はいよいよ行動を開始。

 詰襟の学生服に軍用のゲートルと地下足袋と、頭には小型の懐中電灯を両側に一本ずつ、はちまきで結わえ付けた。匕首、手には改造した猟銃を装備していた。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/5/a5b21_1106_8a5bc86f476a6fd01ea7166fc5ecc3b0.jpg
no title


https://news.livedoor.com/article/detail/19947633/
2021年3月31日 18時0分
ニコニコニュース


“昭和犯罪史上最悪”と呼ばれる「津山三十人殺し」の一部始終。『八つ墓村』のモデルにもなった、恐ろしくも悲しい連続殺…の続きを読む